遺精と夢精の症状と原因
こんにちは,ようこそ! 【ログイン】 【新規登録】  

10月から税関での検査手続きものすごく厳しいので、
粉末と液体の荷物(EMS便で発送方法しかない)は中国上海の税関で止まった。
粉末と液体の商品をしばらく購入しないでください。

現在の位置: ホーム > 精力剤 > 遺精と夢精の症状と原因

遺精と夢精の症状と原因

男女用精力剤 / 2015-05-19
[] [] []

遺精と夢精とはどんな病気か

性行為やマスターベーションによらずに射精してしまうことを遺精と呼びます。夢精はこのなかで睡眠中にみられるものを指します。

原因は何か

夢精は、睡眠中に性的な夢やオルガズムを伴い勃起後に射精してしまうことです。時には、夢やオルガズム、勃起を伴わないこともあります。13〜16歳の青年期によくみられる現象で、病気ではありません。

夢精は、青年期では精液の成分をつくっている精嚢腺や前立腺が分泌液を大量に作るため、自律神経を介する射精反射が起こることが原因と考えられています。とくに夜間は、膀胱が尿で充満するため、これに接している精嚢腺や前立腺が圧迫されて夢精が発生すると考えられています。マスターベーションの回数が少ない人は夢精の頻度が多くなることが知られています。

遺精も、何らかの性的刺激により起こる場合は病気とは考えられません。しかし、1日に2〜3回以上あり、勃起や性感を伴わない場合は病気です。原因として、神経衰弱、精神興奮状態時、脊髄神経疾患でみられることがあります。

なお、いわゆる射精症は性欲倒錯症の一種であり、異性に汚物を投げかけて性欲を満足させる病気で、遺精とは違います。


勃起促進薬女性用媚薬中絶薬ed治療薬比較早漏防止薬女性の不感症
 

次のページ: 男性更年期障害の症状と原因 前のページ: