勃起不全の原因
こんにちは,ようこそ! 【ログイン】 【新規登録】  
現在の位置: ホーム > 精力剤 > 勃起不全の原因

勃起不全の原因

男女用精力剤 / 2014-06-14
[] [] []

年齢を重ねるとEDになる確率は高くなります。

しかし、近年では、勃起不全の原因だけでなく、年齢に見出された。現代社会では、EDの時代ではなく、これよりも、社会的な引き起こす可能性がありとなっています。

行為の生活モデルと実践者の飲食の栄養は傾く社会構造で、それがたやすくて、いつの間にかの中で傾倒する内力、あるいは呈するのが不規則で、スポーツに不足して、自動車あるいは列車のスポーツのため、およびたばこを吸ってと酒量を飲んでこれがEDを誘発しやすいをの増加します。

また、糖尿病、高血圧、高脂血症などの生活習慣病に罹患している場合は、さらにEDになりやすいという特徴があります。

心因性ED

心因性EDは大きく二つに分類できます。

1つ目は、日常生活で積み重なったストレスが原因となってEDを引き起こす場合です。

例えばパートナーである女性に「ダメな男」、「役立たず」、「使えない人」……と何度か罵倒されることで、その言葉の暴力の衝撃によりEDになることがあります。

また、「結婚生活が上手くいっていない」、「短小だ」、「早漏だ」、「初体験で失敗した」、「睡眠不足である」等々といった自分自身で見当がつく事柄がストレスの要因となり、ひいてはEDの原因となっていることがあります。

2つ目は、日常生活では特にストレスを感じてはいないものの、幼児期の体験や性的トラウマなど過去のことが起因となって、心の深い部分にあるストレスが原因となる場合です。

大部分の情況は本人が無意識の期間に対してストレス状態と感じるため、難事を治療するのが多いです。

器質性ED

「刺激を受け取る脳」、「刺激を伝達する神経」、「血液を流し込む血管・血流」、「海綿体(男性器)」というプロセスを経ることが勃起には必要です。

これはどれがひとつのでも効果がないので、あるいは機能の障害を引き起こすような情況に向って、接待ED。

例えば

糖尿病や高血圧などの生活習慣病

脳出血、脳腫瘍、アルツハイマー病などの脳もしくは神経系の障害

前立腺がん、膀胱がん、直腸がんなどの摘出術で、男性器付近の神経や血管を傷つけた場合

脊髄損傷

前立腺肥大や泌尿器科系の疾患、先天性の生殖器異常

といったものが、勃起のプロセスを阻害するためEDの原因となります。

症候性ED

器質性EDと似ている部分がありますが、手術や大怪我のような突発性・一過性のことが起因となったものではなく、「慢性アルコール中毒」、「ヘビースモーカー」、「長期的な薬の服用による副作用」のように慢性疾患が原因となる場合もあります。

特に「長期的な薬の服用による副作用」は、精神安定剤や抗鬱剤、局所麻酔薬、不整脈治療剤、血管拡張剤など生活に身近な薬も含まれるので注意が必要です。

次のページ: 勃起不全の治療 前のページ: